改正感染症予防法の国連規格容器

本日より、改正感染症予防法が施行された。

厚生省が現在分類している1種から4種までの特定病原体の所持の登録と、それらに関する輸送などの詳細が厳しく強化された。

輸送に関しては、今までも国内からこれらの感染性物質を海外に持ち出す場合、国際的にWHOで決められたルールの基づいて、ICAO(国際民間航空機関)が法的な拘束力をもつ国際規則をつくり、実際には、IATA(国際航空輸送協会)が『危険物規則(DGR)』というマニュアルを発行し、各航空会社により具体的に管理、運営されている。

このルールと同様の安全性を求めた国内版の、輸送(道路輸送)の安全性を強化した法律が、6月1日からやっと日本国内で効力を発揮するのである。

当社は、この輸送に使用する国連規格の容器を海外から輸入している。

詳細は、当社ホームページで確認していただきたい。

感染性物質国連規格容器

トレンドサイン株式会社

以 上
管理者

当社国連規格容器の写真(パソパック)
パソパック