廃電線・PCBのリサイクル処理機 取扱い開始

日本は約19億トンもの資源を投入し、約4.5億トンのエネルギーを消費して約10億トンの生産物を作り出し、約4億トンの廃棄物等を出しています。
((財)クリーン・ジャパン・センター「日本のマテリアルバランス(2003)」より)

また廃棄物等を収集できたとしても、分別できないとリサイクルできません。
このまま限りある地球の資源を使い続けてしまうと、いずれ資源は枯渇してしまいます。

トレンドサインでは、各種リサイクルプラントを提案しています。
これらの導入で、廃原料を分別・再生し原料の再使用率を増やし、地球資源や環境保護の推進ができることで、企業様の付加価値を向上していただけます。

 ・廃電線・PCBのリサイクル処理機の情報はこちらから

環境・装置ユニット